自宅を出て、前日の日記の宣言通り豊島園庭の湯に向かう。
庭の湯到着は18:30ごろ、いつもなら割引料金で入れる「ナイトスパ」の時間なので入場者でごった返している時間なのだが、なぜか人はまばら。
「おかしいな」と思っていると、13〜18日はお盆の特別体制で、ナイトスパは21:00からなのだとか。あちゃー、正規ryぷ金を払わなきゃいかんじゃないの。むしろ、この時間から2260円は高いなあ、それならぎゃくにもっと早い時間にくればよかった。

おかげで、いつもの日曜日に比べると中はガラガラ。賃貸に住んでた時のことなんだけど。もしかしたら、料金アップの分より客足の現象の方が激しいので、いつもより儲かってないかもしれんなあ。体重は前回より2キロは減少。このところの乱高下は、ストレスのせいだろう。

休憩コーナーで八重の桜をみて、世界陸上をみているうちに落ちてしまう。

22:45庭の湯を出て帰宅。コンビニで買った缶ビールを自宅でプシューッとしながら、週刊Tの企画会議用の企画タイトルを幾つか考える。

今週は、打ち合わせから〆切り日まで5日間も余裕がある。楽勝楽勝。
と思っていても…〆切りはあっという間にやってくる。ま、これがなきゃワシら働きませんけどね。夜遅くなってもいいようにたっぷり睡眠と休養をとり、原稿執筆のため、F社に出かけたのは15:00ごろ。

西武線で高田馬場下車。いくつになっても花束のプレゼントは嬉しいものだよ。っていう話ですよね。マグドナルドで「ダイナーダブルビーフ」と「クーS」を頼んでから東西線に乗り込み、飯田橋駅で下車(神楽坂で降りるつもりが乗り過ごした)F社に到着したのは16:30ごろ。

担当のN坂と軽く打ち合わせて、執筆の準備を始めようとしたら、「来客が来るので外して欲しい」と一時「会議室」を追い出される。その間に、月刊ZのS園とH本が次々と打ち合わせにやってくる。しかしH本の資料は、まだ完全には集っておらず、明日(木曜日)の夕方に、また来てくれ」と言われる。おいおい、いつになったら書き始められるんだよ。週末でしょ、〆切りは。